読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自家製WEB漫画

FC版ウィザードリィあたりで時空が閉じた永遠の中学二年生による慟哭

 

  MENU≫  作 品    技術メモ    ぼやき類

ブログとして……

製作日記-ぼやき類

画像は関係ないけどとりあえず晒し

f:id:inferio:20160622182102j:plain

 トラバを送るのも申し訳ない分際なのですが

ブロガーたるもの、誰よりも幸せ・誰よりも最先端を目指すべきだ!! - かくいう私も青二才でね

青二歳さんの記事を読んで凄く考えさせられた

 

うちの場合

アクセス解析を見ていると、[作業メモ]のカテに集中してる

そして俺は薄々感づいているつもりだ

そこに飛んでる人が本当に求めてるモノは

プロットがどーたらとか台詞回しがどーたらとかじゃなく

絵を描くためのノウハウなんだということを

 

だって、お絵かきノウハウ的なページって

どこもPVキチガイじみてるもん

俺自身、いつもいつもいつもいつも

もっと絵上手くなりてええええええっ!って思ってるし

  

けどぶっちゃけ、絵なんて「一万枚描け」以外の言葉は

全部、お為ごかしでしかなんだよなあ

例えば、綺麗な線を引くためのノウハウが有ったとして

習得したら雑な線だからこそ出ていた味が死ぬ場合もある

何が正しいかなんて無くて

描いた枚数に比例して人それぞれ何かがLVアップしていて

その何かは他人の主観で良し悪しを判断して良いもんじゃない

 

たぶん、どういう目的の為に描く絵か、を限定すれば

ノウハウも意味を持つんだろうけど

結局は何をどう言おうが

感覚とイキオイに頼って描くのがベストって信じてるもん

 

逆に、ノウハウを見て分かったつもりになるのが一番最悪

俺の場合、一話のアイキャッチにしているカラー絵がその典型

成人向け方面で金を得る為のノウハウでガチガチに固まった手法

から抜けられないでいる

頭でっかちの絵には力が無い

 

でも、なんかの壁にぶち当たってる人が、一先ずそれを乗り越える

ことが出来るような具体的なノウハウなら良いのかもしれない

いつかそういうエントリーを立ててみるのも悪くないとは思ってる

ちゃんと、それが見る方向が違えば正解というわけではない

ってことをを伝えられる書き方で書けるならだけど

 

っという、ぼやきでした。

では作業に復帰いたします! <(・Д・)ヴィシィ!!